プロパンガスと都市ガスの比較

家庭で使用するガスでは主にプロパンガスか都市ガスかに分かれますが、比較する点としてはその原料が挙げられます。

プロパンガスの都市ガス比較の有益な情報のご紹介です。

一般的にはプロパンガスはその原料は石油であり、一方の都市ガスは液化天然ガスをその材料としますので、使用量にその比較すべき点が生じます。


石油は中東が主な算出地であることと紛争が世界でも特に多い地域であるため、日本まで運んでくる関係上使用するガスも高額になりがちです。

一方の液化天然ガスは近隣諸国なども算出をしている他、比較的近距離を運ぶ関係上でプロパンガスの方が都市ガスよりも安価かつ安定的な価格になりやすいとされます。
住宅で使用するときは築年数が古い昔からの住宅の場合、プロパンしか使用できないケースが多くなります。
さらに住宅地によってはその地にガスパイプラインを引いていないこともあり、プロパンしか選択肢がないところも起こり得ます。



こうした違いがあるため、もし居住をする場合にはそのガスの種類を事前によく把握することが大切になります。

なおプロパンの場合は購入先となる業者は選択が出来ます。



安価な業者を選ぶことも出来ますが、その業者も常に価格調査を行っており場合によっては単価を引き下げることもあります。
もし価格を調べてみて近隣の別の会社が安価な単価設定の場合、そちらに乗り換えるのも手です。つまり業者を選ぶことが出来るわけですが、大抵の場合は地域の業者は横並びの価格設定を行いますので、同じような単価設定になる傾向があります。