床や壁のキズの補修方法

賃貸にお住まいの方なら特に気になるのが住まいの床や壁にうっかり付けてしまったキズでしょう。
生活している間も気になりますし、退去時に修繕費として高額な費用を請求されるのも気持ちが良いものではありません。


素人でも簡単に出来るキズの補修について知っておくと何かと便利です。

日本経済新聞の情報を確認できるサイトです。

キズと一口に言ってもその深さや場所によって補修方法が異なります。


例えば壁にピンや釘等を打ち込み付けた穴のキズは、その部分に穴の大きさに適した木材を入れ、周辺と同じ色や質感の壁紙を丁寧に貼り付けます。
床に物を落として付けたキズは、専用のワックスを塗り込み、乾いた上からカラーリングします。

こうした材料(塗料を含む)は全てホームセンターで購入する事が出来ます。昨今のDIY人気にあやかって、その種類もひと昔前に比べて格段に増えました。

特徴のあるフローリング補修のプロに関連した書きかけ項目です。

自宅の壁や床の色を正確に覚えて行くのも素人には難しいので、写真を撮って店頭で照らし合わせるのもお勧めです。



補修キットもあるので、セットを購入すれば他に何も用意する必要がない優れた商品もあります。
全て使用方法が記載されているので、手順を守り、記載通りに行えば素人でも綺麗に仕上げる事が出来ます。

材質に特殊な加工が施してあったり(艶消しなど)、大理石等の天然素材の場合は、素人が勝手に修繕するとかえって不自然になったり、目立ってしまう事もあるので、事前に購入する材料が使える材質か否か十分に検討してから実施してください。